2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

お金を握る手

不動産の住宅ローンを組んで購入する場合に、誰もがある程度のリスクを負うことになります。万が一の事態になった時、毎月の返済が滞るようになれば物件の差し押さえと競売のリスクが生じるという事です。
もし、収入が著しく減るなどの環境の変化があった時には、早めの対処が必要です。ある程度返済が滞ると、督促状が届いた上で返済をどうするのかを問われることになります。
返済期間を伸ばすことも可能とはなりますが、それは金利負担などを考えると支払い総額はかなり増えることにもなりますし、それなりの収入の当てがなければ避けた方が良いと言えます。
競売にかかる前にできる限り良い条件で手放すことを考えた方が良いということになります。
住宅ローンの支払いは困難であるが、家は手放したくないという方もいます。こうした方は「任意売却」という方法を選びます。

トレンド

不動産の住宅ローンに窮することになれば、任意売却を考えることになりますが、そのためには業者の選定が必要となります。
金融機関に任せる仲介業者を申告することになるのですが、そこでの審査に通る会社を選ぶ必要があります。
今では多くの不動産業者が対応するようになっているために、大手の業者であればまず問題は無いでしょう。
そして、そのような業者においても、極力条件の良い価格での仲介を検討してくれます。
もちろん、差し押さえまでの日数は決まっているために、業者が抱える顧客へ優先的に紹介する事を優先的に行いますが、他にも物件周辺へのチラシ投函や新聞の折り込み広告を出すなど、できる限りのことを尽くして努力をしてもらえます。

手がける業者

任意売却を手がける業者としては、まず大手の不動産仲介業者がいます。
金融機関からの紹介を受けてのものだけではなく、自分で選ぶことができますので、見積もりをとって条件の良さそうなところと専任仲介契約を結ぶことができます。
中には、設定された期間内に売却できなかった場合には、買い取りを行なってくれるようなところもあります。
そしてその他にも、このように住宅ローンの返済に困っている人のための売却活動を行なっている専門のところがあります。
ただし、こちらの場合には確実に手放すことができるような価格設定を行なうことが多いために、相場よりもかなり安い価格で売却するケースが多いものです。
それでも競売にかけられるよりはとの事で、多くの依頼を集めているもようです。

オススメリンク

説明する男性

有利に売却する方法

人生の中で一番大きい買い物は一生の住み家とする住宅です。高額…Read more

関連リンク

    マンションと青空

    半年以上支払わない場合

    任意売却をせず、住宅ローンを支払わなくなって半年以...

    Readmore
    説明する男性

    有利に売却する方法

    人生の中で一番大きい買い物は一生の住み家とする住宅...

    Readmore
    一戸建て

    処分する方法

    競売の場合には、正常価格よりも安く売られる、近所の...

    Readmore